システム保守運用

システムやデータベースサーバーの設計、開発、構築から導入、設置までワンストップで提供できるブライセンだからこその強みがあります。基幹システム、B2Cサイトの運用保守、障害時における切り分け業務や顧客折衝、ユーザ業務支援、システム運用改善など幅広い業態で運用実績があります。

加えてブライセンベトナム、ブライセンミャンマーのオフショア活用で運用、保守のコスト削減も可能です。日本とオフショアの両者にブリッジエンジニアが常駐するブライセンだからこそ、オフショア活用を意識することなくコスト削減と安定した運用が可能となります。

ブライセンの保守運用サービスの特徴

業務に合わせた運用サービスの提案

ブライセンがパッケージ化した運用メニューからサービス提供が可能

個別の業務内容に合わせた運用サービスの更なるカスタマイズにも対応

  • 営業支援(営業成績管理、活動予算編成、営業日報、販促費管理、顧客管理など)
  • 販売管理(予算編成、DWHサービス、卸・小売実績管理、販売実績帳票出力、POS情報管理)
  • 共通マスター(会社情報、組織情報、人事情報、得意先情報、商品、業態情報などの管理)
  • 物流基幹(受注取り込み、引当、出荷、売上報告、経理連携、精算・販売による在庫予測、在庫管理、物流コスト計算など)

BPO型自動発注支援サービス(b-LuckJobber®)、クラウド型倉庫管理システム(COOOLa®)における運用保守は全てを手がけているため特に物流業界の保守運用が強みです。

豊富な経験・実績

販売管理・営業支援・物流基幹などの保守運用で約10年の実績があり、運用サービスの利用規模はユーザー数100~5000人規模のお客さま(衛生用品、スーパー、ドラッグストア、飲料メーカー、金融など)

費用対効果の高い業務改善

ユーザー・業務視点

業務知識・経験をベースに、ユーザが真に望む姿、業務的にあるべき姿をイメージ可能

そのイメージをもとに精度の高い提案を行うことが可能

運用作業のコスト低減

ベトナム、ミャンマー活用により、低コストでの定例運用作業が可能

日本側メンバーで定例運用を手順化し、オフショアで実施

自動化(システム化)による運用工数削減

得意領域(役割別)

ブライセンではITサービスマネジメントにおけるベストプラクティス(成功事例)集ITIL(Information Technology Infrastructure Library)に則った領域別の運用メニューを用意しております。

  • ユーザ窓口(主管部署調整、問い合わせ対応、統制管理、SLA策定管理、ユーザー業務分析・設計、システム利用促進、サービスデスク教育など)
  • システム運用(問い合わせ調査、通常運用作業、臨時運用作業、トラブル対応・再発防止、各種業務イベント対応、運用改善、システム監視)
  • システム保守(ユーザー要望対応、不具合対応、運用・監視ツール作成、データ抽出ツール作成、各種業務イベント対応、M/W切り替え対応など)